光徳寺

光徳寺開祖釈祐玄師は、天正 (1573~1592年) 年間中、越中砺波郡水島村 (えっちゅうとなみぐんみずしまむら) (現在の富山県西部) より青海真砂に一旦 足をとどめ、門信徒を慕って、現在の大沢の地に移住しました。移住について、当時越中砺波近郊では、一向一揆が頻発しており、その混乱から逃げるように当地に来たと推測されています。

光徳寺のウェブサイトはこちら